志村坂上で中古マンションのリノベーションです

   

おはようございます。

土手加藤材木店の加藤です。

今日は晴れてすがすがしい朝になりましたね。

梅雨の時期の貴重な晴れですので有意義に一日を過ごしたいものです。

 

築50年の中古マンション

 

さて土手加藤では中古マンションリノベーションの問い合わせが増えていますが、

今回は築年数50年の中古マンションのリノベーションのご紹介です。

場所は板橋区の志村坂上です。

お問い合わせを頂きさっそく現地に現場調査です。

リフォームで重要なのが現場の調査です。

 

 

 

マンションリノベーションの場合にはエレベーターの大きさや搬入経路などの確認が大切です。

今回はエレベーターが無いので荷揚げに一苦労しそうです。

リノベーションではそこに住む人の快適なライフスタイルの実現です。

現状の間取りや設備をどのようにすれば快適になるのかを考えることが大切です。

これは一戸建て・マンションに共通する項目です。

 

トイレと浴室が一体の水廻り

 

この頃のマンションではよく見られますがトイレと浴室が同じ部屋に配置されています。

まずこのトイレと浴室を分離することが大前提です。

また奥に見える最近ではめったに見ることが亡くなったバランス釜は、

無駄なスペースができるのでこのあたりも解消したいものです。

 

これから快適な暮らしの為のリノベーションの提案作業が始まります。

 

 - リノベーション