造作家具で使うブラックウォールナットが入荷です

   

 

おはようございます。

土手加藤材木店の加藤です。

先週造作家具などに使われるブラックウオールナットの板材が搬入されてきました。

このブラックウオールナットは世界的に人気があり、

日本でも品薄で現在では価格が高騰している為、

材料の選定が大変難しくなっています。

 

 

今回ちょうどいい材料が見つけられたので良かったです。

年末のあわただしい中これだけのブラックウオールナットが入荷されて一安心ですね。

 

 

このブラックウオールナットですが土手加藤ではこんな使われ方をします。

 

 

こちらはマンションリノベーションでの施工事例で、

造作で造られたブラックウオールナットのワークデスクと椅子です。

 

 

こちらはキッチン前に配置されたブラックウオールナットのダイニングカウンターです。

カウンターとともに椅子も同材です。

 

 

こちらの事例は新築工事でお施主様から依頼されたブラックウオールナットのTVボードです。

 

ここでブラックウオールナットの説明です。

原産地はアメリカ北部一帯で、この地域で取れるものをブラックウォールナットといい、

材自体は適度な硬さで耐久性があり加工も容易という特性があります。

ブラックウォールナットの特徴は何といってもその独特な重厚感でしょう。

木肌は落ち着いた黒茶系で、木目が力強いのが良くわかります。

 

 

フローリング以外にも世界中で最高級の家具として用いられてきました。

長い歴史の中で世界中から最高級フローリングや内装材として認められるのも見ればうなずけるでしょう。

また、アンティークの家具にもよく調和します。

ブラックウォールナットは、重厚感とシックでアダルトな空間にするのには最適な部材といえるでしょう。

 

 - 社長のつぶやき