秋の真鯛釣り

   

 

おはようございます。

土手加藤材木店の加藤です。

本日のブログは家づくりではなく釣行記です。

この釣行記を楽しみにしている方がいるのでこれからもちょくちょくアップしていこうと思います。

今年の夏は猛暑続きでしたのでさすがに釣りから遠のいていましたが、

先週の日曜日に秋の落ちの真鯛狙いに行ってきました。

向かったのはいつもの南房総の富浦です。

館山道路ができたおかげで東京から車で1時間ちょっとで着けるのが魅力です。

 

 

当日の早朝は北東の風が強く海は少しうねっていましたが、

時間が経つにつれて海は凪てきました。

上の画像でもわかりますが朝から良く晴れて富浦沖から富士山が綺麗に見えてました。

こうなると釣果の期待も膨らみますね・・・・

港を離れて5分位のポイントで船長は何やら船を旋回し始めて、

いきなり投入の指示がでたのであわてて仕掛けを投入すると・・・・

アジの6点掛け。

アジの食いよく1時間で50オーバーの釣果になり、

そろそろいいかなと思ったところに本日の最初のクライマックス。

竿ががっつんと叩きつけられる当たりがあり思わずにやけ顔に・・・

そうです確信しました・・・平たいやつです・・・

絞り込まれるような引きを味わいつつ心の中では「何とか上がってくれー」と願うばかり(笑)。

強烈な引きは続いていよいよ海面にヒラメの魚影が見えましたが残り1.0mの所で痛恨のバラシ・・・・

釣りをした方はこの感じ分りますよね・・・

こんなこともあります・・・だから釣りは楽しい

 

 

アジ釣りは終了で次に本命の真鯛釣りのポイントに向かいます。

海もいい感じの状態になり期待が膨らみます。

何投めかで来た真鯛の当たり。

やはり真鯛の引きは格別ですね

 

 

無事にタモ取りをしてもらって綺麗な秋のタイが釣れました。

釣果は2kと1kの真鯛が釣れて終了です。

 

 

おとぼけ顔の外道のブダイまで釣れて最高の釣行になりました。

また次回をお楽しみに

 

 

 - 釣行記