タモのダイニングチェアーが出来ました

   

おはようございます。

土手加藤材木店の加藤です。

本当に久しぶりのブログですが、

今日はよく晴れて気持ちのいい朝になりましたね。

今年は秋の味覚サンマが豊漁で、

財布に優しい価格で嬉しいですね。

 

そんなこんなで今朝一番に北海道の家具屋さんから、

タモのダイニングチェアーが事務所に届きました。

 

タモのダイニングチェアーです

 

丈夫に梱包された箱を開封するべきか悩んだのですが、

どうしても見たかったのでこっそりと覗いて見ました。

覗くだけでは満足できなかったので、

梱包から取り出してみましたが、

イメージ通りの出来になっていて朝からご満悦です。

今回鳥越の家具の造作材はフローリングも合わせて全てナラなのですが、

ダイニングテーブルとダイニングチェアーはあえてタモを選択。

いずれにせよ贅沢です。

さすがに椅子は家具屋さんに依頼するのですが、

テーブルはこれから大工が心を込めて製作します。

 

ここでタモについてのウンチクです・・・・

タモ(アッシュ)は木目の力強さがナラに似ていますが、

ナラに見られる虎斑(とらふ)といわれる独特の模様が無いのが特徴で、

この模様が有るのと無いのとで好みが分かれるようです。

材自体は硬くフローリングにも十分な強度があり、

材自体は癖が少なく塗装性も良いので高級家具や木工品にも多く使われます。

家具にタモを使ったお部屋は落ち着いた感じのインテリアになりかならず納得いただけますよ。

 

それにしてもすごくいい出来ですよね。

お施主様がチョイスした座面の色も凄くいいですね。

これからが楽しみです。

 

 

 - インテリア, 家具造り, 社長のつぶやき