2022年の始まりです

   

新年明けましておめでとういございます。

 

2022年が始まりましたがそれにしても今日はすごく寒い朝ですね。

暖房がフル活動になる日になりそうですが、

気になるのは電気代。

 

昨年の2021年4月から建物の省エネ法により住宅の省エネ性能が義務化されて、

設計士から建築主に対してその建物の省エネ性能に対する説明をする必要があります。

これは何も工務店やハウスメーカー側に課されるだけではなく、

建て主側にも自分の家の省エネ性能を知ってもらうのが目的といえます。

 

高度成長期からバブル期に建てられた沢山の住宅は外壁の断熱材はGウール50mm、

窓のサッシはアルミの単板ガラスという今では信じられない仕様です。

この時期に今のょうな高断熱仕様の住宅なら随分と現状の省エネ政策も違っていたとは今更ながら思いますが・・・

弊社でもまだ材木商として商売をしていたころは断熱材はGウールの50mm以外は在庫はしていませんでした。

 

それでも世界的な流れの中で脱炭素化は避けられないので、

建物の省エネ化に関しては今後より厳しくなっていくものと思われます。

新年から少し硬いブログになりましたが本年も宜しくお願いします。

 

 - 未分類, 社長のつぶやき